顔だけでなく全身を確認するのもポイント

全身を見たうえで判断しましょう

低下した視力を矯正してはっきりと見える状態にするのがメガネの役割ですが、1つの物を数年や数十年と使い続ける可能性があることを考慮して選びましょう。そのため、最適なレンズを選んだり、長時間装着しても違和感のないデザインのフレームを購入したりなどは重要です。ただ、機能性だけではなく、装着した状態の見た目も意識して選ぶことをおすすめします。その際はメガネを装着している顔の部分で似合っているかどうかを判断してしまいがちですが、ポイントは顔を含めた全身を確認することです。顔の状態は問題なかったとしても、全身で見ると自分のイメージと異なる場合があります。このズレを防ぐには、選ぶ段階で全身を見る方法が効果的です。

店で購入する場合はスタッフに全身の印象を質問する

メガネはインターネット通販で入手は可能ですが、店に訪れるとスタッフに相談したり、視力を測ってもらったりして選べます。そのため、初めての場合や安心して選びたい場合は店に訪れるのが良いでしょう。また、自分のイメージにピッタリなメガネを購入したい時にも店に訪れる方法はおすすめです。なぜなら、スタッフにメガネを含めた全身の印象を質問できるからです。自分だけで選ぶよりはスタッフにも確認をしてもらった方が、似合っているメガネを選べるようになります。アドバイスをしてもらったからといって、その通りのメガネを購入する必要はないです。しかし、経験に基づいたアドバイスなので、できるだけスタッフの意見を上手く取り入れて選びましょう。

© Copyright Design Of Glasses. All Rights Reserved.