セルフレームの特徴

素材を知ってフレーム選びを楽しもう

生活の補助という枠組みを超え、ファッションとして見られることも多いメガネ。もはや顔の一部といっても差し支えありませんし、自分に似合うメガネを見つけるとつい試したくなりますよね。 メガネの印象はフレームで決まります。大雑把に分けると金属製、プラスチック製、樹脂製、天然素材のフレームがあり、それぞれ違う良さがあります。金属製のものは何といっても頑丈です。それなりに軽くて耐食性もバッチリなので、長期にわたって愛用できるのが利点でしょう。樹脂製のものはとにかく軽い。付け心地を重視するなら一考の余地があります。天然素材のものは入手困難なものも多く、アイデンティティを出しやすくなります。メガネに深い愛着がある人にはお勧めでしょう。

メガネを追求するならセルフレームがおすすめ

フレーム素材の中でも、セルフレームは特にお勧めできます。セルフレームとはプラスチック製のフレームのこと。昔はフレームにセルロイド(プラスチックの一種)を用いるのが主流だったので、今もセルフレームと呼ばれています。 プラスチックは工業を通じて大量生産しやすいので、セルフレームのメガネは比較的安く手に入ります。衝撃に強いので歪みづらく、柔らかな手触りで付け心地も抜群です。そして加工しやすいので、自分好みのメガネを見つけやすいのが最大の特徴でしょう。色もデザインも次々と新しいものが生み出されており、もっとも選択肢の多いフレームと言えますね。安価なのでいくつか用意して、その日の気分でメガネを変える、なんて選択もアリでしょう。

© Copyright Design Of Glasses. All Rights Reserved.